太陽光発電システム(家庭用)の取り付け価格が1番安い業者を探すならここ!

太陽光発電のデメリット

前回は太陽光発電のメリットについてお話しましたが、今回は太陽光発電のデメリットについてお話していきますね。メリットだけ知っていても後悔のない決断は出来ませんし、あとあと『こんなはずじゃなかった』など困った事態にならない為にもどれだけすばらしい設備でもデメリットは知っておかなくてはなりません。

 

そこで太陽光発電のデメリットですが、まず一番気になるのは『元が取れるか』ではないかと思います。太陽光発電の設備は太陽パネルのほかに売電メーター、パワーコンディショナなど色々なものが必要になりますし、それらを家に設置するとなると大規模な工事が必要になります。それを考えて後々プラスになるような設備投資なのか、というのは誰しも考えることでしょう。

 

そこではじめの質問に対する答えですが、『元はいずれ取れるだろうけれど状況によっては長い時間がかかる事もある』です。設備のメンテナンス費用など、かかるかもしれない費用を除き、そして発電が順調にいけば大体12〜13年で元は取れるでしょう。

 

ただ太陽光発電は太陽光という自然のエネルギーによって発電するものなので、計算通りにはいきません。太陽光がしっかりと当たり、発電が可能だと思って導入しても、雨の日が続いたり周りに大きな建物が建って日の光があたりにくくなってしまったりすると発電量はがくんと下がってしまいます。

 

こういった不確定な要素がある、ということが太陽光発電のデメリットの一つでもあるんです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市

Sitemap