太陽光発電システム(家庭用)の取り付け価格が1番安い業者を探すならここ!

電力会社との契約・運転開始

太陽光発電システムの工事が終わり、そのまますぐ使い始めることが出来ると考えている方はすくなくないようですが、システムを利用するにはお住まいを管轄とする電力会社と契約をしないといけません。

 

電力会社との契約は基本的にその住宅に住んでいる、契約者本人が行います。ですがいきなり電力会社と契約して下さい、なんていわれてもどうすればいいのかよくわかりませんよね。なのでほとんどの場合施工業者が契約完了まで方法や手続きの流れなどフォローしてくれますので、安心していいです。もしわからないことがあったら施工業者に聞けますし、直接電力会社と話がしたいのならばコールセンターに電話して尋ねることも出来ます。

 

では電力会社との契約の流れですが、まず自宅で発電した電力を電力会社へ売る為の『系統連係の手続き』を行います。この申請は専門業者にしかできませんので、施工業者におまかせするとして必要な費用(1〜2万円程度)を払うことだけ覚えておきましょう。

 

そして次に発電できない時間帯に使う電力を受給するための、『電力受給契約』を結びます。ここまで契約が完了したら、次は自宅で発電した分の電力を電力会社へ売る際に必要な、電力量計と保護装置の設置を依頼します。

 

この電力量計と保護装置の設置にかかる費用、メンテナンスやメーターの取替えにかかる費用はすべて利用者負担になる場合もありますので、そのことも覚えておきましょう。ちなみに設置にかかる費用は大体1万円〜2万円程度、メーターの取替えにかかる費用は地域によって自己負担だったり電力会社負担だったりするようです。なのでこのあたりは要確認ですね。

 

こういったすべての手続きが終わったら、やっと太陽光発電システムの利用を開始することが出来ます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市

Sitemap