太陽光発電システム(家庭用)の取り付け価格が1番安い業者を探すならここ!

工事

契約が完了したら工事に入ります。太陽光発電システムの工事は基本的に太陽パネルなどを設置する設置工事と、電気配線など電気系の工事の二つに分けられ、既に建っている住宅に設置する場合、大体1週間程度の期間を見ておくといいでしょう。

 

工事の流れとしては、まず足場を組むことから始まります。足場を組んで屋根の上まで安全に上がれるようになると、屋根に太陽パネルを設置するための架台を設置します。この架台を設置する段階で技術が未熟な業者は、屋根にキズをつけてしまいそれが原因で雨漏りが発生したり、というトラブルが起こりますのでこの段階では特に慎重な工事が必要になります。

 

また屋根に上がったときに、築年数が結構建っている住宅の場合思ったより屋根の老朽化が進んでいて、パネルを設置するには屋根の補強工事が必要になるケースもあります。その場合工期は延びますし、工事費用も追加でかかりますのできちんと話し合いをしてからどうするか決めたほうがいいでしょう。

 

そして屋根に太陽パネルを設置し終えたら次は、室内、もしくは室外にパワーコンディショナを設置します。室内・室外どちらに付けるかは導入した太陽光発電システムにもよりますので、そのあたりはシステムを決める段階で調べ、考えておくといいですよ。

 

パワーコンディショナの設置が終わったら、次は発電モニタ、電力量計を取り付け、電気の配線工事を行いすべての工事が終了です。

 

工事終了後は取り付けた機器の説明を受けることになりますので、使い方の疑問などはこの時に聞くようにするといいですよ。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市

Sitemap